モザンビーク 青年海外協力隊 PCインストラクター

青年海外協力隊として、モザンビークのナマーシャという村で活動してます!職種はPCインストラクターで、将来の小学校教諭に指導してます。 29歳名古屋出身の男です。 日々の出来事を書いていくので、アフリカのことを知りたい方は是非ご覧ください(^^)

優雅→現実 2019.05.26(日)

久しぶりに首都マプトで過ごす日曜日。

 

朝8時に起きて朝食スープ食べに行って、下着を洗濯機にかけてテニスへ。

 


f:id:NamachaPC:20190527010333j:image

 

今日はフォアのストロークがアカンかったなー。

スライスばっかりやった(。>д<)

 

サーブがそこそこ入ったのは満足(*´・∀・`*)

 

 

 

調整員の方に車で送っていただき、ドミトリーでシャワーを浴びる。

 

 

 

その後はランチのため、歩いて高級ホテルへ。

 


f:id:NamachaPC:20190527010902j:image

ポラナホテル。

モザンビークでも1・2を争う老舗高級ホテルだそうな。

 

日本で言う、帝国ホテルやニューオータニみたいな感じなのかな??

 

 


f:id:NamachaPC:20190527011109j:image

ホテルレストラン奥のプール。

更にその奥は海。

 

大学の卒業旅行で行った美ら海思い出すなー(*´∀`*)

 

 

 


f:id:NamachaPC:20190527011242j:image

海側から撮ったホテル。

これが世界でも最貧国クラスにあたる、モザンビークにあるんだよなー。

 

 


f:id:NamachaPC:20190527011423j:image

どこまでも広がる海と空。

 


f:id:NamachaPC:20190527013631j:image

そんな絶景を背に1枚。

髪の毛切りたいわーーー(笑)

 

 


f:id:NamachaPC:20190527013714j:image

こんな高級ホテルで、時間制限無しのビュッフェが、1850Mt(3700円)。

 

まぁ、安くは無いけど、居酒屋の4000円メニューと比べれば大満足やな(*´-`)

 

 


f:id:NamachaPC:20190527013929j:image

他にも巻き寿司・にぎりを作ってくれるコーナーも。

 

 

 


f:id:NamachaPC:20190527014044j:image

鶏肉・海老・イカを使って焼いてくれるコーナー。

 


f:id:NamachaPC:20190527014142j:image

よく分からなかったので、全部使って焼いてもらった(*´-`)

 

 

 


f:id:NamachaPC:20190527014233j:image

外のテラス席では生演奏も。

 

 


f:id:NamachaPC:20190527014312j:image

子どもたちだけの席もある。

 

 

 


f:id:NamachaPC:20190527014414j:image

外ではピエロも出てきて、子どもたちの顔にペインティングしてあげてる。

 

 

 

いやー、ここほんまにアフリカの途上国??

 

空気も優雅でゆとりがあるし、他のお客さんも穏やか。

 

 

時たまスタッフが皿やらスプーン落としてる音は響いてるけども(^_^;)

 

 

 

 

 

何度か料理を取りに行ってると、1人のスタッフが話しかけてきた。

 

あ、さっき鶏肉やら海老やらを焼いてくれた調理人や。

 

 

 

すると、紙を渡された。

そこには、電話番号が書かれてた。

 

 

んん???(; ・`д・´)

 

 

 

 

どうやら、先ほど撮った写真を送ってほしいらしい。

 

 

 

 

 

 

ワロタ(* ̄∇ ̄*)(* ̄∇ ̄*)(* ̄∇ ̄*)

 

 

まさか仕事中に、写真欲しいからと番号渡されるとは思わなかった(笑)

 

 

席で食事をとってる際には話しかけてこなかったので、そこは分別はあるんやなー

(いずれにせよ、日本の高級ホテルなら怒られるやろうけど(^_^;))

 

 

 

 

ってことで、ツーショットも撮ることに。


f:id:NamachaPC:20190527015406j:image

 

 

寿司を握ってたスタッフに、写真撮って送ってもらえるんだぜー!ヤッター!!と相当嬉しいご様子。

 


f:id:NamachaPC:20190527014546j:image

ならばと、ついでに3ショット。

 

 

よくよく考えたら、自分が働いてる姿って、なかなか写真で見ることできないよなー。

 

 

働いてる姿を撮るって、喜んでもらえる仕事になるかも。

 

 

ご飯食べて酒飲んで、

おかわりして酒飲んで、

デザート食べて酒飲んで、

再びご飯食べて酒飲んで、

またまたデザート食べてコーヒー飲んで。

 

 

 

優雅でんなぁ。

ボランティアの分際なのに。

 

 

12時から食べ始め、16時まで居座り。

お店は何だかんだで満席。

 

 

 

 

先輩隊員がオシャレな所を見つけたと言うので皆で見てみる。


f:id:NamachaPC:20190527015802j:image

おー!

ダンスホールみたい!(* ̄∇ ̄*)

 

 

電気切ってる所を覗き見てたら、ホテルスタッフが電気をつけてくれた。

 

 

モザンビーク人のおおらかさ・高級ホテルの優しさなのかなー?

 

 

ホテルを後に。

いやーモザンビーク来て、一番優雅な時間だったかも。

 

ええ休日や(*´-`)

 

 

ドミトリーに帰り、ナマーシャに戻る準備。

日本から送ってもらった段ボールを抱え、バスターミナルのJuntaへ。

 

 

18時が終シャパと聞いてて、到着は17:30。

ギリギリセーフΣ(・∀・;)

 

 


f:id:NamachaPC:20190527020745j:image

 

シャパは既に50%くらいの乗車率。

 

満席まで待つのかなー?

それとも、18時になったら出発するのかなー??

 

 

 

18時15分頃、空席はあと4人くらいだけど集金し始めた。

 

料金は100Mt。

しかし、今回は段ボールもあるから+50Mtと言われた。

 

 

50Mt渡さなきゃー。

しかしもう周りは暗くよく、料金回収の人がどこに行ったのか良く分からない。

 

 

すると、他の男性が、渡しておいてやるーみちなことを言ったので、お金お渡し。

 

 

 

しかし、料金回収の人が後から来て、受け取ってないと言い出す。

 

 

 

あ、騙された(´Д`)

あームカつく( `д´)

 

50Mt(100円)だから大したことは無いけど。

優雅な世界から一転、軽犯罪高いモザンビークを再認識。

 

ソイツが「渡しとくから大丈夫、心配すんなー」って言ってたのが引っ掛かったけど、何となく「まぁいっかー」って思ってまった。

 

 

アカンねー気抜けてた。

次見つけたら仕返ししたりたいなー(ΘдΘ)

ま、不毛か。

 

 

 


f:id:NamachaPC:20190527043418j:image

夜のバスターミナルJunta。

シャパも減り、ちょっぴり怖い感じに。

 

 

 

さてさて、ほぼ満車になったかと思ったら、何故か半分近くの人が降ろされた。

 

 


f:id:NamachaPC:20190527043932j:image

理由よく分からんけど、微妙に行き先違うから分けたのかな??

 

結局、乗客6人とスカスカ。

いやー快適(* ̄∇ ̄*)

 

 


f:id:NamachaPC:20190527044116j:image

と思ってたら、ターミナル外のバス停で再び合流。

 

 

なんやねん結局パンパンやないかい(´Д`)

全体優雅ちゃうわーーーー(´Д`)(´Д`)

 

 

 

ナマーシャには20時頃到着。

寒い。そして人少ないし、やっぱ田舎。

 

でも、歩いてたら男の子に名前呼ばれて、手を繋ぎながら歩くことに。

誰か忘れてもうたけど、こんな温かさはナマーシャが一番感じられる(*´-`)

 


f:id:NamachaPC:20190527044512j:image

今日はキレイな星空や(*´∀`*)

 

 


f:id:NamachaPC:20190527044539j:image


f:id:NamachaPC:20190527044554j:image

日本の友達から来てた贈り物の中身。

さすが元隊員。有り難き物ばかり詰まってる。

 

 

こんなの素晴らしい品々があるなんて、優雅やわー(*´∀`*)

 

 

 

 

青年海外協力隊 人気ブログランキングとブログ検索 - 海外生活ブログ